歯とホワイトニングのコラムロゴ

災害時のオーラルケアの大切さと歯のマニキュアの重要性

毎年自然災害に見舞われる島国・日本ですが、災害に対する備えの中にオーラルケアが入っていないことが大変問題になっています。

 

 

災害時においても、やはりオーラルケアというものが欠かせないのです。虫歯が進行して歯神経を刺激したり、菌が口内に蔓延したり、何かと影響が出てきます。今回はその理由と災害後の歯のマニキュアの重要性などを解説していきます。

 

1.災害時のオーラルケアの重要性

 

災害時のオーラルケア(口腔保健)は、口内の健康のことだけでなく、あなたの身体自体の健康にも影響してしまうんです。窮屈でプライベートが皆無の避難所生活の中で、水道などがまったく止まった状態で口内環境を清潔に保つことが不可能なときには、口内で繁殖した菌だけでも体に悪影響を及ぼしてしまうわけです。

特に注意したいのは、避難生活を余儀なくされる高齢者や乳幼児です。避難生活の中で歯神経まで虫歯が進んでしまったりすると大変です。

 

 

非常に水は大変貴重になります。

災害時の歯みがきというのは、普通の生活をしているときよりも重要で、絶対に手を抜いてはいけません。

それはなぜなのか? 災害時にオーラルケアを怠ると、様々な病気を引き起こしてしまうわけです。口というのは肺への出入り口になります。避難所の生活や水が枯渇している状況での生活の中で口内を清潔に保つことが難しい状況下で、高齢者の中でどのような病気が流行するのか?

 

 

それは“誤嚥性肺炎”というものです。この誤嚥性肺炎というものは、食べ物が誤って肺に入ってしまい、肺炎を起こしてしまう病気です。阪神淡路大震災では、肺炎関連の病気で約200人の高齢者が亡くなっています。その中のほとんどが誤嚥性肺炎だと言われているのです。

さらに汚れた入れ歯というのも、肺炎を引き起こしやすくなるとも言われています。高齢者のほとんどが自分の歯ではない入れ歯を使っている場合が多く、口内を清潔に保つために、入れ歯汚れをしっかりと落とすことが大切です。災害時、食後にはできるだけすぐに入れ歯を外して、手入れをすることが大切なのです。歯神経まで虫歯が進行して「歯が痛い!」というレベルではなく、まさに生死にかかわる問題につながります。

もっと言えば、就寝時は外しておくことも大切です。これはインフルエンザウィルスが口の中に入り、感染してしまうことの予防にも効果があります。

 

 

また、乳幼児や子供も、災害時ということもあり、小まめに食べ物を口にすることがあります。間食を摂る回数が増加すると、歯みがきが不十分になり、虫歯が増加すると言われています。高齢者だけでなく、子供たちの口内環境も守ってあげるのが、親の務めになると思います。

 

2.災害時のオーラルケアの方法あれこれ

 

災害時の水がない状況で、どのようにオーラルケアをするのか。災害時に歯神経まで虫歯が進行すると大変です。ここではケアの方法を解説していきたいと思います。

 

2-1.歯ブラシがないときのケアの仕方

 

避難所での生活に入ると、家から歯ブラシを持ってきていないということもあります。そんなときには、食事をした後に30mlくらいのお水やお茶などで数分間うがいをします。

 

 

さらに、ハンカチやガーゼなどを指に巻きつけて、歯の一本一本を磨くことが重要です。歯の表面や歯間に布を当てて、キュッキュと拭ってください。

 

2-2.できるだけ唾液を出すように心がける

 

唾液というものは殺菌効果があり、口内の汚れを洗い流してくれる働きがあるんです。できる限り、しっかりと水分補給をして、耳のすぐ下(顎の付け根部分)をしっかりとマッサージすると、唾液腺が刺激され、口内に唾液があふれてきます。

 

 

さらにガムを噛めば、強制的に唾液腺を刺激してくれます。何もない場合であれば、洋服のボタンを口の中に入れて舐めてみてください。すると、アメを舐めているような状態になり、自然と唾液がでてきます。

 

2-3.水を使えないときの歯みがき法

 

避難所生活では必要最低限の飲み水だけで、歯を磨くための水の確保に困ってしまいます。そこで、水が使えないときの歯みがきの仕方をお教えしましょう。

 

 

①コップに水を30ml用意します。
②その水の中に歯ブラシを入れ、濡らしてから、歯みがきをスタート。
③歯ブラシが徐々に汚れるので、ティッシュやウェットティッシュなどで、歯ブラシの汚れをこまめに取っていきます。それを繰り返してください。
④最後は、コップの水を2~3回に分けて口に含み、すすぎます。この場合は、一気に含むのではなく、分けてすすぐ方がキレイになります。

 

3.災害時に最も有効なオーラルケアは液体ハミガキ

 

液体ハミガキというのは、歯の表面のミュータンス菌を殺菌してくれるので、虫歯が進行して歯神経まで達することがありません。万が一のときのために液体ハミガキを災害用バッグに忍ばせておくことが大切でしょう。

 

 

液体ハミガキは10mlほど口に含み、20秒程度口の中をすすいで、殺菌剤を行き渡らせます。歯神経に痛みを伴う虫歯菌を殺してくれるわけです。歯を白くしたいと考えている方はホワイトニング剤が入ったものを使いましょう。

そのあと、歯ブラシでブラッシング。水が大切になる災害時に、この液体ハミガキがあるだけで、水が必要なくなり、口内のミュータンス菌を減らすことができます。もちろん、使用した後に口をすすぐ必要はありません。

 

4.3ヵ月に一度、防災用品などが入ったバッグの点検を!

 

防災用品の点検日は、年に4回あります。3月1日、6月1日、9月1日、12月1日に家族を守る防災対策をした方が賢明です。これは絶対に継続して行ってください。これを行うことにより、自然と防災意識が身につき、非常に効果的な防災対策を取ることができます。

 

 

<基本アイテム38点>
・懐中電灯(ソーラー式や手回し充電タイプのものが好ましい)
・携帯用ラジオ
・ゴーグル(埃やガラス片から目を守るために使用)
・軍手や手袋
・防煙マスク
・防塵マスク
・ヘルメット
・飲料水(10日分を備蓄(1人当たり/1日2リットル×10日分を用意)
・食料(10日分を備蓄しておくべき)
・多機能工具(缶切りや栓抜き、ドライバー、毛抜き、ハサミ、ノコギリなど)
・給水袋(配給される水を運ぶときに便利)
・災害用トイレ(10日分を備蓄)
・トイレットペーパー
・大人用紙おむつ(1パック)
・ポリ袋
・ポンチョ(着替えの目隠しやトイレ隠しなどに便利)
・カイロ(1箱)
・サバイバルブランケット
・現金(公衆電話用に小銭も用意、小銭を含め3万円くらい)
・筆記用具(撥水ペーパー、油性太マジック)
・ライター
・携帯充電器(ソーラー式、手回しタイプ)
・痛み止め(常服薬も含む)
・消毒薬
・滅菌ガーゼ
・脱脂綿
・止血パッド
・包帯
・目薬
・蒸留水
・三角巾
・下着上下と靴下セット
・タオル
・ウェットティッシュ
・爪切り
・消臭抗菌剤
・歯ブラシ
・液体ハミガキ

 

 

見落としがちな歯の健康対策を決して忘れないようにしてください。さらに災害での避難生活が終わった後には、必ず歯科医師の口内の健康チェックを受けてください。

 

5.避難生活を終えたあとは、歯の健康対策もしてくれる歯のマニキュアを選ぶ

 

ストレスがかかる避難生活が終了すると、一気に疲れが出ます。このとき、避難生活の中で自分の歯が以前よりも強く黄ばんでいることに気がつきます。これは、ストレスがかかり、エナメル質と歯神経などの間にある象牙質が変色してしまうからです。

 

 

こんなときには、Amazonなどの大手通販サイトや薬局で手に入る歯のマニキュアを購入しましょう。オススメなのは、Amazon限定販売の最近リニューアルした『ププレ 歯のマニキュア』です。

この『ププレ 歯のマニキュア』は、歯の表面を強化してくれるヒドロキシアパタイトや美白成分であるポリリン酸、消臭効果の高い茶葉エキス、抗菌効果の高いマスチックなど、歯の健康対策を考えた歯のマニキュアになっています。災害時に備えて、歯に塗るだけで歯を強くすることができる歯のマニキュアを使っておきましょう。

 

解説・文/叶昇(災害・危機管理ライター)

 

(C)写真AC

歯のマニキュア取扱説明書
歯のマニキュア商品説明
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし
歯とホワイトニングのコラム
おすすめPICKUP
自分で簡単に歯を白く美しくする
ホワイトニングすると、なぜ白くなる?
老けて見える黄ばんだ自分の歯
歯のマニキュア
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし