歯とホワイトニングのコラムロゴ

泣ける!母の笑顔を生み出す魔法の白いマニキュア!

歯のマニキュア。人の最高の笑顔を演出するこのアイテムには様々な物語を紡ぐ力があります。歯を美しい白い色に変身させてくれる白いマニキュアを使うことで、人生が変わった、幸福が訪れたなど、一般ユーザーさんからの様々なお話を聞く機会があります。

 

 

今回は、『ププレ 歯のマニキュア』の愛用者から寄せられたお話の中から、若年性の認知症を発症してしまったお母さんと暮らす加藤恵理子さん(仮名/32歳)の心温まるお話をご紹介したいと思います。

 

1.若年性認知症になってしまった優しい母

 

企業人として活躍していた父を早く亡くしてしまった母と私はずっとふたりで暮らしてきました。父が亡くなったのは、私が小学校6年生のとき。働き過ぎて脳梗塞を起こし、そのまま帰らぬ人になったのです。

それからは母との二人三脚の日々。

母はとにかく賢く優しい人。若い頃は、街で評判になるほど美しく、父はそこに一目惚れをして、結婚したそうです。父は母の笑顔が見たくて、仕事を頑張っていたようです。

 

 

母が毎日作ってくれたお弁当を持って学校に通い、中学、高校、大学と何の不自由もなく進学させてもらいました。

しかし、私が一般企業に就職し、キャリアを重ねはじめたころから、少し母の行動に異変が出はじめました。

毎日のように付けていた日記を付け忘れたり、食事を昼に二度作ったり、自分がしまい込んだものがどこにあるのかわからなくなって探し回ったり、物忘れが多くなったり……。

決定的だったのは、私と一緒に買い物に出かけて、レジ前でいくらお金を支払えばいいのかわからなくなったときでした。

 

「お母さん、病院に行こうよ」

「えっ、恵理子、なぜ?」

「お母さん、最近おかしいよ。昨日の夕食すら覚えてないじゃん」

「………」

 

 

私は有休をとって、母に総合病院の精密検査を受けさせることにしたんです。

医師が告げた結果は、思いもよらないものでした。

そうです、優しい母は“若年性アルツハイマー”を発症してしまったというのです。

 

2.残酷に進行する症状

 

それから母は投薬治療を行ったり通院しながら治療を続けることになったのですが、やはり症状は少しずつ進行します。

食事をしたことを忘れてしまったり、今日の日付がわからなかったり、外出する際の一連の流れ(電気を消す、窓を閉める、鍵を閉める)がわからなくなったりしはじめました。

 

 

「恵理子、あのう、あれ、あれってどうしたっけ?」

「うん? お母さん、なに?」

「あのう、あれよ、あれ」

「どんなことなの? 少しずつ思い出してみようよ」

「だから、あれ、あれよ!!」

 

あんなに優しかった母は、別人のように激昂したんです。自分が伝えたいことがまったく伝わらないことに苛立ち、声を荒げたのです。

それからというもの、母は、なんでもないことができなくなったり、小さな失敗がよく目立つようになったんです。

どんどんと自分に自信がなくなってきたのか、わたしと話をすることも減り、自分の部屋に閉じこもるようになりました。趣味だった手芸も今では存在すら忘れてしまったように、やっていないようです。本当に元気がなくなってしまった母の姿がありました。

 

 

火を使わせることができなくなったので、私が帰宅後に料理を作ります。この間までここに立って料理をしていた母。

学生のときに、お弁当作りをするために、早朝からこのキッチンでいろいろなおかずを作り、詰めていた母。毎朝、トントンという包丁の音で目覚めていた私。私は、キッチンでひとり料理を作りながら、泣いてしまいました。

すると、背中に優しく添えられる手が……。母がそこにはいました。

 

「ごめんねぇ、恵理子。こんな母さんになってしまって」

「お、お母さん!」

 

私は泣きじゃくりながら、母の小さな体を抱きしめました。お母さんが悪いわけじゃない。病気が悪いんだよ!

そう叫びながら、ふたりで思いっきり泣きました。

 

3.今を受け入れるということ

 

その日から、認知症になってしまった母が本当の母なんだと思うようにしはじめたんです。今の母のことを受け入れること。それが一番大切なんだとわかりはじめたんです。

母が自信をなくさないように、できることだけを頼んでやってもらう。腫れ物に触るように母にお願いすることを、あの病院に行った日からしてこなかったんです。私は、自分ですべてを抱え込んでしまっていました。

 

 

母にお願いしたのは、洗濯ものを畳んでもらうことと庭の世話でした。草むしりや花の世話することで、気分も晴れるのではないかと考えたんです。元々ガーデニングをしていた母を咎めたのは私でした。私の留守中に何かあれば、と心配しすぎてしまっていたんです。

家に籠ったままだった母は、朝からに庭の縁側に腰を下ろして、庭を見つめるようになったんです。その横顔は穏やかそのものでした。

 

「お母さん、キレイな花を咲かせてね。お願いよ」

 

母の気力を起こそうと、コスモスの種を買ってきて、植えました。

認知症になっても、その人なりの時間過ごし方がある。母は本当によく庭の世話をして、まるでいつもどおりの母のようでした。

 

4.オシャレをすることで症状がさらに改善した母

 

「症状は止まっていますね。お母さんに好きなことをどんどんやらせてあげてください」

 

主治医の先生からもお墨付きをいただき、毎日を楽しんでいる母。私は母を若年性認知症の患者さんたちが情報交換を行うサークルに誘いました。

このサークルでは、認知症を改善するゲームや外食、散歩、バスツアーなどを行って、症状の改善を試みる取り組みを行っています。

その中でも、女性たちに人気があるのは、メイク教室。年齢を重ねても、美しくいたいという想いは女性の中に根強くあります。そこを刺激して、認知症の症状を改善していくんです。

 

 

母に私は、メイクを施し、歯のマニキュアを塗って、加齢で黄ばんだ歯を輝く白い歯にしてあげました。母には、ホワイトニングはできないし、歯みがきで落ちる歯のマニキュアといえば、液剤の粘度が低い『ププレ 歯のマニキュア』です。

歯の表面を強化する天然アパタイトや美白効果の高いポリリン酸、光触媒を促す酸化チタン、消臭効果が高いメントールなどの歯自体にいい天然有効成分しか配合されていないので、これなら間違って飲み込んでも安心です。私でもムラにならずに塗れるので簡単でした。

久しぶりに見せる、父が惚れ込んだこぼれる笑顔と白い歯。本当にいつもの優しい母のようでした。

 

「ありがとうね」

 

そう私の目を見て感謝する母に、私は胸いっぱいになり、もう二度と泣くまいと思っていたのに、涙を流してしまいました。涙をぬぐう母の手。間違いなくいつもの母でした。

 

 

あれから2年。母を誘って、洋服を買いに行くことも多くなり、彼女はおしゃれを楽しんでいます。最近では、あまりうまくはないですが、歯のマニキュアを塗れるようになりました。本当にうれしそうな母。症状も今は小康状態です。

今年も、この秋には母が世話したコスモスの花が咲きます。このまま静かで幸せな生活を母と続けていこうと思っています。

 

5.まとめ

 

歯の白いマニキュアを歯に塗ることで、お母さんの歯が美しくなり、昔のような笑顔が戻った。本当にいいお話です。有効成分が多く入っている白いマニキュアは、少しコツはいりますが、比較的塗りやすく、お母さんでもうまく塗れるのではないでしょうか?

歯の白いマニキュアや化粧品などで「美しくなりたい!」という昔の気持ちを取り戻してくれるというのは、認知症治療でよく使われることだそうです。素晴らしい取り組みですね。

 

 

いつも歯についてのこと、歯の白いマニキュアのことなどコラムを書いていますが、またいい話が届き次第、心温まるような体験談なども綴っていきたいと思います。

 

文/丸野裕行(フリーランスライター)

 

(C)写真AC

歯のマニキュア取扱説明書
歯のマニキュア商品説明
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし
歯とホワイトニングのコラム
おすすめPICKUP
自分で簡単に歯を白く美しくする
ホワイトニングすると、なぜ白くなる?
老けて見える黄ばんだ自分の歯
歯のマニキュア
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし