歯とホワイトニングのコラムロゴ

ホワイトニングに歯のマニキュアに選んだヘビーユーザーアンケート!

結婚パーティーや同窓会、面接、入社式、入学式など人生には大切なシーンというものが度々あります! こんな時に一番大事になるのが、眩しい笑顔です。白い歯を見せて思いっきり笑うというのが、人の印象を格段にUPさせる秘訣。そんなときに、歯が黄ばんでいたりすると、相手の印象がダダ下がりしてしまいます。

 

 

歯の黄ばみを何とかしたい、人前で思いっきり笑いたいというあなたは、何とかして歯の黄ばみを解消したいと思っていることでしょう。

今回は、歯の黄ばみをクリアするホワイトニング法に歯のマニキュアを選んだ男女に、「なぜその方法を選んだのか?」についてアンケート調査をしてみました。※『初めての不動産投資マガジン』『京都夜本』協力の元、20代~40代男女50名アンケート調査

 

1.ホワイトニング法は様々

 

美しい白い歯を手に入れるための方法はいろいろとあります。その方法といえば、主に6種類。

 

<歯を白くする方法>

①ホワイトニング
②歯を削ってセラミック製の板を張る方法(ラミネートベニア)
③消しゴム
④ホワイトニング歯みがき
⑤ホワイトニングデンタルリンス
⑥歯のマニキュア

 

 

これらの方法があるのですが、6番目の歯のマニキュアを選んだ方がいます。

彼らが歯のマニキュアを選んだ理由とはなんなのでしょうか? 実際にその理由を聞いてみましょう。

 

1-1.ホワイトニングはやっぱり高い

 

1番目の歯を白くする方法としてメジャーなのは、やはりホワイトニングです。ホワイトニングには2つの方法があります。まずひとつ目が、歯科医院で行うオフィスホワイトニングふたつ目が自宅で自分で行うホームホワイトニングです。

オフィスホワイトニングは、歯科医が濃度の高い漂白薬剤を歯の表面から染み込ませて、歯の表面のエナメル質の奥にある黄色くなった象牙質を漂白していく方法です。短時間で完了しますが、色戻りが早く、半年後にはまたホワイトニング処理をしなければいけません。

 

 

一方、ホームホワイトニングは歯科医院で歯型を取り、それを元にしたマウスピースを作製。濃度の低い漂白薬剤とそれを自宅に持ち帰り、時間をかけて、歯を白くしていきます。所要時間は、約2時間~4時間程度。これは色戻りがしにくく、長期間白い歯を持続することができます。

確実性が高いホワイトニング法ではあるのですが、やはり料金が高いことがネックになります。この方法を選ばなかった歯のマニキュアのユーザーに話を聞いてみました。

 

「やっぱり時間もないし、お金もないので、ホワイトニングはあきらめました」(男性/32歳/自動車販売)

口の中に漂白する薬剤を入れるというのに、やっぱり抵抗がありました。ちょっとダメでしたね」(女性/29歳/事務職)

「友人がホワイトニングをやって、知覚過敏を起こしていたので、ちょっと怖くなり、諦めました」(女性/27歳/図書館司書)

 

1-2.ラミネートベニアも料金の問題がある

 

歯を白くする方法として、歯を削ってセラミック製の板を張る方法、別名・ラミネートベニアというものがあります。この方法なのですが、歯の表面を薄く削って、美しく透明感のあるセラミック製の板で歯の周囲を包み込んで、歯を白く見せるという方法です。しかし、こちらもホワイトニング同様、料金が高額になるという問題があります。

 

 

「ラミネートベニアって歯の表面にあるエナメル質を削ることになるので、やっぱり抵抗ありますよね。エナメル質ってやっぱりなくなっちゃうと虫歯が進んだりするので、怖い」(男性/29歳/飲料メーカー勤務)

「インプラントなんかよりは料金は安いけど、やっぱり保険適用外なので高いですよね」(女性/33歳/貿易業)

 

1-3.消しゴムにもリスクが……

 

歯の消しゴムというものもメジャーで聞いたことがあるでしょう。安価で手軽な歯の消しゴムですが、意外にリスクも潜んでいます。それが、歯の表面を傷つけてしまうというものです。

消しゴムは、歯の表面に染み込んだステイン汚れを吸着して、除去することができますが、あまり強く押しつけて、ステイン汚れを消そうとすると、エナメル質に傷をつけてしまうことになります。

 

 

「歯の消しゴムって効果があるのかどうかがわからないですよね。すぐに白くなるというのが目に見えてわかるといいんですが……」(男性/35歳/モデル)

「あまり強くこすりつけすぎると、歯の表面が傷ついて、余計に汚れが付きやすくなります」(女性/26歳/製菓メーカー)

 

1-4.ホワイトニング歯みがき

 

各メーカーから売り出されているホワイトニングができる歯みがき粉ですが、この中には研磨剤が入っているものがあります。研磨剤は、歯の表面のエナメル質に傷をつけてしまいます。ですから、できるだけ研磨剤が入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

 

「ステイン汚れをとにかく落としたいという人には、歯の表面の汚れを落とすことができるのでオススメです。でも、根本的な中に沈着してしまった黄ばみを取ることはできません」(男性/28歳/運送)

「これはサブアイテム的なものだと思いますね。ホワイトニング歯みがきを使い続けてもそこまで白くはなりませんから」(女性/32歳/マスコミ)

 

1-5.ホワイトニングデンタルリンス

 

口内環境を整えて、災害など歯みがきが使えないときにかなり有効なのが、このデンタルリンスです。適量を口に含んで、そのままうがいをすれば、口内の雑菌を高い確率で除去してくれます。さらにホワイトニング作用がある成分が入ったものを使えば、歯を白くすることも可能だと言われています。

 

 

「ホワイトニングもできるデンタルリンスだと、便利は便利なんですが、歯が白くなっているのかどうかがちょっとわかりづらいですね」(男性/31歳/塾講師)

口内環境を整えることに関しては、すごく効果的です。ホワイトニングができるのかどうかと聞かれると、効果はわかりづらいですね」(女性/28歳/商社勤務)

 

1-6.歯のマニキュア

 

最近、各メディアでも注目され、人気が急上昇しているのが、歯のマニキュアです! 歯のマニキュアといっても歯科医院で塗布してもらう液状の硬化プラスチックを塗る歯のマニキュアではなく、市販の歯のマニキュアです。Amazonや楽天などの大手通販ショッピングサイトや薬局、ドラッグストアで購入できる歯のマニキュアは、気軽に「歯を白くしたい!」と思った瞬間にササっとひと塗するだけで、美しい白い歯になることができる超便利なアイテムです。

 

 

「ホワイトニングを何度も繰り返してしまって、知覚過敏になってしまった私が頼りにしているのは、歯のマニキュアです。とにかく手軽ですごく便利なので、愛用しています」(女性/30歳/ウェディングプランナー)

「明日が大切な日、明日は勝負の日、というときに気軽に塗るだけで、歯を白く変身させることができるので、毎日メイク感覚で使っています。ウチは、母も一緒に使っているので、親子2代で愛用していますね」(女性/26歳/建設会社)

 

2.オススメなのは『ププレ 歯のマニキュア』!

 

そんな市販品の中でも、オススメしたいのが『ププレ 歯のマニキュア』です。最近リニューアルして、Amazonで限定発売されている『ププレ 歯のマニキュア』には、歯の表面を強化してくれる天然アパタイトや光触媒を促してくれる酸化チタン、美白効果のあるポリリン酸、消臭効果の高いメントールなど天然有効成分を4つを配合しています。

 

 

ペンタイプで携帯に便利なので、シーンを選ばずに、どこでもサッと使用することができます。あなたもぜひ『ププレ 歯のマニキュア』を使って、透明感のある美しい白い歯を手に入れてください!

 

解説・文/丸野裕行(フリーランスライター)

 

(C)写真AC

歯のマニキュア取扱説明書
歯のマニキュア商品説明
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし
歯とホワイトニングのコラム
おすすめPICKUP
自分で簡単に歯を白く美しくする
ホワイトニングすると、なぜ白くなる?
老けて見える黄ばんだ自分の歯
歯のマニキュア
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし