歯とホワイトニングのコラムロゴ

歯科医のホンネ座談会!私が出会った“困った患者さん”!

老若男女、性別も年齢も関係なく、あらゆる世代の人々が通院するのが、歯科医院になります。しかし、いろんな人が集うからこそ、厄介な患者さんもいるのではないでしょうか?

 

 

今回は、現役歯科医である先生を集めて、座談会方式で、「自分が看た信じられない患者さん」の話をしていただきました。なお、患者さんのプライベートなことも含まれているために、覆面形式での座談会にしたいと思います。

 

1.信じられない患者さんのオンパレード

 

今回集まっていただいたのは、首都圏で歯科医院を開業している3名の歯科医師の先生です。吉田先生(仮名/51歳/開業歴16年)、久保先生(仮名/45歳/開業歴7年)、山崎先生(仮名/39歳/開業歴4年)のお三方に集まっていただきました。それではどうぞ。

吉「どうもよろしくお願いします。毎日診療していて、“ちょっと嫌だな~この患者さん”と思うことって日常茶飯事ですよね」

久「そりゃありますね」

 

 

山「一番困るのは、思い込みが激しい患者さんですね。もう、勝手に虫歯だの、歯周病を起こしているだの、勝手に決めつけて、だいたい“ネットで調べたんですけどね”とくる」

久「それ、わかるなぁ~。予想して、表面的な歯のサイトかなにかを見て、医院にやってくると面倒なんですよね」

吉「それって、医療不信なんですよ。先生のことを信用してない。僕らにも原因はあるのかもしれないけど、ちょっとくらいは信用して、と(笑)

山「僕のところにやってきた50代の患者さんは、“奥歯が腫れているみたいでズキズキと痛むんです”っていうので、検査しましょう、と。レントゲンを撮ったら、痛みの原因は虫歯じゃなくて、歯根膜炎※だったんですよ。噛むたびに痛みが出るみたいで」※歯根と歯槽骨を結ぶコラーゲン繊維が歯根膜。その歯根膜に炎症が起こり、痛みが起こる

久「そこに“違います!”とくるんでしょ?

 

 

山「はい、そうなんですよ。虫歯なんかになっていないので、ちょっと歯を削って、噛み合わせをよくすればいいだけなんですけど……。“もっとちゃんと見てくれ!”と。なんども話して納得させて、治療を終えましたが、その日の予約を入れていた患者さんたちに悪いことしたなぁ~と」

吉「あるあるですね(笑)

 

2.非協力的な患者が意外に多い

 

久「他には何かありますか?」

吉「僕は、60代の女性だったんですけど、ひどい歯周病で……。歯槽骨もかなりなくなっているし、でもどうしても歯を残したいとのことで……。歯石を除去するフラップ手術は歯茎が下がってしまうので、見た感じが悪いと拒否されまして。さらに歯周病菌を減少させるための抗生剤を渡したんですが、それすら飲んでもらえませんでした

 

 

山「厄介ですね~」

吉「こうなれば、器具が患部に届く範囲内で歯石と歯垢の除去をするしかないんですよね。そこで、“毎日しっかりと歯を磨いてくださいね!”とお願いしていたんですが、もう次の検診のときには、歯垢だらけの歯になってるんですよ

久「いやぁ~そりゃマズいですね」

吉「煙草も吸い続けているんで、ちょっとマズいなと……。そのうち来なくなって、ある時思い出したようにやってきて、歯を見ると、もう壊滅的な状況でした。“歯を抜きましょう”と告げると、“絶対にイヤだ! なんで歯医者に通っているのに歯を抜かなくちゃいけないのよ!”と逆ギレで……

山「いますよね、そういう患者さん。何度も出くわしてますね。あと多いのが、途中で他院に通いはじめる患者さんも困りますね

久「いますよね。で、あの歯科医院は気に入らないから、先生の所へ戻ってきましたって患者さんね」

 

 

山「治療方針を変えなくちゃいけないから、もう大変なんですよね」

 

3.歯科医院の予約に遅れてくる患者さん

 

吉「あとは、何度言っても予約に遅れてきたり、来なかったりする患者さんも困りますね」

久「予約って、どのくらい処置に時間がかかるのかを計算して、歯科医がしっかりと時間を組んでいるということ、わかってもらいたいですね。遅れてこられると、その分、診療の時間がなくなっちゃうんですよね」

 

 

山「そうですね。処置が中途半端になってもねぇ。それと、定期的なメンテナンスを受けに来てもらえないので、せっかく治療して治った歯の状態がまた悪化してしまっているなんて元はザラですよね」

 

4.痛いと暴れだす患者さん

 

久「面白いところでは、いつも焼きそばUFOを食べてから診療にやってくる患者さんがいましたね。青のりが歯の裏なんかにへばりついていて、ニオイは明らかにあの濃いソースのニオイなんですよ」

山「それ、わけわからないですね(笑)」

 

 

吉「あとは“痛い痛い”って暴れだす人、いますよね。事前に“痛いですよ、ちょっと”と伝えてあるんですけど、地獄みたいな顔になっているんですよ。ちょっと歯を削るだけなんですけど、院内でのたうち回ってるんですよ。ウチは小児歯科もやっているので、子供が怖がっちゃって

山「そりゃ、大変ですね」

久「ウチの歯科医院にもそんな患者さん来られましたね。もう診療台に座っただけで、身体がブルブル震えてるんですよ。大丈夫かなこの人、ってちょっと治療するのをためらいました」

 

5.最近の注目している治療法

 

非常に面白いお話ばかり飛び出しましたが、最新の治療法で、各国の歯科医師学会で様々な論文を発表されているお三方が注目しているものがあるそうですが?

久「治療法というよりも、最近注目している市販のアイテムですね。新しい歯のマニキュアです」

 

 

山「僕の歯科医院でも歯のマニキュアというのは扱っているんですが、やっぱり液体のレジンを塗ってコーティングして、歯を白くする方法には違和感があったんですよね。最長で3ヵ月くらいは効果が続くんですが、歯を磨いて清潔に保ったりすることができないし、歯に厚みが出てしまうので、噛み合わせの面でも違和感があるというか」

吉「確かにそうですね。それに虫歯の歯に塗る場合は、治療をしっかりと行ってからじゃないといけませんしね」

久「そ、そうなんですよね。あんなに硬化するんじゃなくって、もっと気軽に歯を白くできるアイテムはないか、と思っていたら、最近発売されたんですよね」

吉「ええ。『ププレ 歯のマニキュア』ですね、今注目すべきは。非常に薄い液剤なので、かなり塗りやすく、歯みがきでも十分キレイに落とすことができます

 

 

山「白い色合いも重ね塗りすることで、調整できますしね。天然有効成分として、歯の表面を強化する天然アパタイトや光触媒を促す酸化チタン、消臭効果のあるメントール、美白効果の高いポリリン酸などが配合されていますし」

久「ペンタイプなので、どこでも塗ることができますし、便利ですね。それと同時発売された『ププレ 歯のマニキュアおとし』も、かなり優秀な商品です。口内環境に優しいパラベンフリーの歯のマニキュアと歯の表面にこびりついた着色汚れを、しっかりと落としてくれます。虫歯原因になる歯垢汚れを付着しにくくしてくれ、歯の再石灰化を促してくれるキシリトール、歯のエナメル質に付着したプラークを吸着除去、同時に細かな傷を修復するヒドロキシアパタイト、硬度が低いので歯の表面を傷つけない炭酸カルシウムが配合されいます。とにかく普段使いで汚れの吸着を防いでくれるということです」

 

 

さまざまな面白い患者さんたちのことを話してくれた先生たちが、今注目しているのが、最近Amazon限定でリニューアル発売された『ププレ 歯のマニキュア』。

あなたもぜひ、使ってみてはいかがでしょうか?

 

聞き手/高橋陽太(フリーランスライター)

 

(C)写真AC

歯のマニキュア取扱説明書
歯のマニキュア商品説明
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし
歯とホワイトニングのコラム
おすすめPICKUP
自分で簡単に歯を白く美しくする
ホワイトニングすると、なぜ白くなる?
老けて見える黄ばんだ自分の歯
歯のマニキュア
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし