歯とホワイトニングのコラムロゴ

歯のマニキュアで解決!「恋愛レースに出遅れてる…」と女子が焦りを感じた瞬間!

上京し、学校や職場などでのウキウキ新生活がはじまったものの、いつの間にか「周囲の女子に差をつけられてる!」と実感してしまうケースがあるみたいです。

では、どのポイントを意識して生活すれば、後々あせらずに済むのでしょうか?

 

 

そこで今回は、気づいたら「恋愛レースに出遅れた!」と周りの女友達を見て焦りを感じてしまった瞬間をご紹介しましょう。

 

1.ライバルは着々と恋愛レースを進めています!

 

1-1.みんなメイクが百貨店の美容部員レベルだったとき

 

「自分の地味さにみじめに気分なりました……」(10代女性)

 

 

バッチリ気合の入ったメイクの女子たちの様子にショックを受ける女性もいるようですね。ムリに着飾ったりする必要はないかもしれませんが、ちょっと身なりに気をつけておくと、自信をなくすことはないでしょう。

 

1-2.自分が入っていないSNSでみんながつながっていることを知ったとき

 

「誘われたのに“やってない”なんて、どうして言っちゃったんだろう」(10代女性)

 

 

SNSがメインのコミュニケーションツールになっている昨今、大勢の友達が利用しているSNSくらいは、アカウントだけでも作っておいた方がよさそうです。

 

1-3.「世話焼きキャラ」「妹キャラ」「天然キャラ」などのポジションが他の友達で埋まっていたとき

 

存在感をなかなか発揮しにくくなってきたように感じてます…」(10代女性)

グループ内でどんどんそれぞれの役割ができていくことに焦りを感じる女性がいます。ただし、自分の中にないキャラを演じても続かなくてはあまり意味がないので、たくさんの人に自分の性格や特性を知ってもらえるように、密にコミュニケーションをとることが大切なのかもしれません。

 

1-4.病欠が長く出遅れて、もうすでにグループができていたとき

 

「新学期がはじまったのにインフルエンザで病欠……もう最悪でした」(10代女性)

 

 

後から新しい環境になじもうとすると、少しハードルが高くなってしまいます。当然のことですが、スタートダッシュで新生活を望む時期の体調管理だけは万全にしておくことです。

 

1-5.自分から話しかけなかったら、浮いた存在になりかけたとき

 

「付き合いにくい、話しかけづらいクールなタイプと思われてしまったみたいで、誰も近寄ってこなかったです」(20代女性)

人見知りが災いしてしまい、周囲からちょっと距離を置かれてしまうこともあるようですね。せめて人から話しかけられたときくらいは丁寧に応対するなど、受け身であってもできる努力はしておきたいものです。

 

1-6.集まりに参加しないでいたら、話題についていけなくなったとき

 

変にもったいぶるんじゃなかったと、今ではちょっと後悔しています」(20代女性)

 

 

本当に軽い気持ちで、飲み会などの集まりやイベントを欠席していると、やがて周囲のノリに合わせられなくなってしまうようです。新しい環境の最初の時期は、仲良くなれそうな機会があればマメに顔を出すようにしましょう。

 

1-7.積極的な女子たちがすぐに周囲の男性と仲良くなっていたとき

 

主要なイケメン男子はほぼ盗られたという感じでした」(10代女性)

のんびりしているうちに、男女の仲良しグループができあがってしまっていることもあるようですね。気になる男子がいたら「声をかけられるのを待つ」という姿勢ではなく、「自分から声をかける」ようにしましょう!

 

1-8.男子からあだ名で親しく呼ばれている女子が増えていったとき

 

「私は、常に名字にさん付けで呼ばれ続けていました」(10代女性)

 

 

親しみやすいポジションを獲得するために、呼び名は大切です。とはいえ、自分から「○○って呼んで」と名乗るとなんだか押しつけがましい印象を与えてしまいます。まずは男子に対してフランクに声をかけることからスタートしましょう。

 

1-9.人の名前を覚えられず、距離を縮めきれなかったとき

 

「話していても、どこか自信が持てなくて、名前を呼べなくなってしまう……」(20代女性)

名前を知らないと会話もどこかよそよそしくなるようです。これから長い時間を共有する相手であれば「何が何でも名前を覚え、自分から呼びかける」努力が必要になると思います。

 

では、他の女子に比べて出遅れないように、男子にいい印象を持ってもらうためにはどうすればいいのでしょう?

 

2.新生活の中で、男性に好印象を与えるコツとは?

 

2-1.男性と目が合った瞬間、明るくほほ笑む

 

「笑顔というのは明るい子だなって思うし、何より仕事のイヤなことが吹っ飛びますね!」(20代男性)

 

 

笑顔に好印象を持つ男性は多いようですね。初めて学校や職場に行くときは、とにかく笑顔を意識することが、第一印象をよくすることにつながりそうです。そんなときには『ププレ 歯のマニキュア』を使うことをオススメします。歯を白くする方法としては非常に便利ですよ!

 

2-2.話すときに男子の目をまっすぐ見つめる

 

「まっすぐ見つめられただけで、問答無用にキュンとしてしまいますよね、絶対!」(20代男性)

男性を見つめるという行為自体が、男性をドキッとさせて、好意を持たれるようです。ただ、何もないのに常に見つめていると引かれる恐れがあるので、見つめすぎは禁物です。目が合ったときには『ププレ 歯のマニキュア』で美しくなった歯を見せて、微笑みましょう。

 

2-3.あいさつや自己紹介など丁寧な言葉遣いで話す

 

誠実そうで知的に見えるし、育ちのよさも感じてしまうので、好印象を持ってしまいます」(20代男性)

 

 

実は多くの男性が言葉遣いを重要視しています。言葉遣いから女性の性格を読み取ろうとしている男性も多いのも確かです。育ちの良さは歯の白さにも表れます。『ププレ 歯のマニキュア』を使って、素敵な笑顔を見せてください。

 

2-4.上目遣いで男子を見ながら恥ずかしそうに自己紹介をする。

 

「小動物みたいなキュートさがあるし、初々しさに男子はドキッとしてしまいますよね」(30代男性)

照れながらの上目遣いに男性はキュンとしがちです。自己紹介で、緊張してしまうという女子は、上目遣いを意識してみると効果的かもしれません。そのあとは歯を白くする方法として選んだ『ププレ 歯のマニキュア』で美しくなった歯を見せて、微笑みましょう。

 

2-5.ピンと背筋が伸びた姿勢がいいお辞儀をする

 

「しっかりと自分の意見を持ってる女子に見えて、“ああ、しっかりしているな”と好感を持ちます」(40代男性)

 

 

姿勢がよくて、凛とした立ち姿の女子に好印象を持ってしまう男性が多いです。積極的に自分をアピールすることが苦手な女子でも、背筋をピンとすることに意識するだけで、好感を持ってもらえますよ。そして、歯を白くする方法としてチョイスした『ププレ 歯のマニキュア』で美しくした歯を見せて、微笑んでください。

 

2-6.男性の名前をすぐに覚え、「○○さん」と苗字で呼ぶ

 

「すぐ名前を覚えてくれる女子って、ちゃんと自分のことを気にしてくれてるのかなとうれしくなります」(20代男性)

初対面でもすぐに名前を覚えてもらうと自分は特別扱いされている優越感を持つ男性も多いのです。気になる男子がいたら、名前で呼ぶことからはじめましょう。名前を呼んでから『ププレ 歯のマニキュア』で白くした歯を見せて、微笑みましょう。

 

2-7.「私にできることがあったら何でも言ってくださいね」と男性を気遣う

 

「登校、出勤初日で緊張してるはずなのに、気遣いができる女子って、素敵な子の証ですよね」(20代男性)

 

 

自分の仕事の手助けを申し出る女子は、まさにいい子です。上司でも後輩でも、誰にでも好印象を与える一言です。そんなときに、歯のマニキュアで白くした歯を見せて笑ってくれると、さらに好感度が上がります。

 

2-8.してくれたことに「ありがとうございます」とすぐに感謝を伝えられる

 

「すみませんよりありがとうと言われたほうが絶対にうれしい」(30代男性)

「ありがとう」という感謝の言葉が重要だといえますね。感謝することができる女子に男子は好感を持ちます。

 

2-9.男子の冗談にちゃんと反応して笑ってくれる

 

「どんな冗談にも笑ってくれるとちょっとうれしくなっちゃいますね」(30代男性)

 

 

やっぱり自分の笑いを聞いてもらって笑ってもらえるとかなりうれしいもののようです。笑顔をつくる『ププレ 歯のマニキュア』をササっと塗って、素敵な歯を見せて笑えば、気になる男子も振り向いてくれますよ!

3.まとめ

 

いかがでしたか?
特に好意を持った男性には、歯のマニキュアを塗った白い歯が覗く笑顔をみせて、好印象を与える振る舞いをどんどん取り入れてください。

 

取材・文/佐々岡沙耶(女子の印象ライター)

 

(C)写真

歯のマニキュア取扱説明書
歯のマニキュア商品説明
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし
歯とホワイトニングのコラム
おすすめPICKUP
自分で簡単に歯を白く美しくする
ホワイトニングすると、なぜ白くなる?
老けて見える黄ばんだ自分の歯
歯のマニキュア
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし