歯とホワイトニングのコラムロゴ

痛くなるリスクも! 痛みが少ないホワイトニングや痛み対応法!

ホワイトニングというのは独特な痛みを伴うのを知っていますか?

施術しているときには刺激感があり、施術した後には、知覚過敏が起こって染みる感じがします。 この痛みというのは、時間が経過すれば、徐々に消えていくのですが、こういったホワイトニング特有の痛みが苦手で、ホワイトニングするのが怖いと感じてしまう人が多いんです。

今回は、そんな人のために痛みが少ないホワイトニングの方法や痛みを軽くするための事前の対策などを詳しく解説していきます。

1.痛みが少ないホワイトニングって?

ホワイトニングをしたとき、染みるような疼痛を引き起こすのは、ホワイトニング薬剤の主成分・過酸化水素。過酸化水素というのは、オキシドールの成分に使用されているもので、歯自体だけでなく、歯肉などに付着するとヒリつくような痛みが出てきます。

 

 

また、歯の表面をしっかりと保護しているペリクル層(唾液で作られるタンパク質膜)が剥がれて、エナメル質のミネラルが一部消失してしまうので、知覚過敏に似た痛みが出るのです。ではここで、痛みが少ないホワイトニングのお話をしていきたいと思います。

 

1-1.過酸化水素濃度が薄いホームホワイトニング

前述の通り、ホワイトニングの主成分・過酸化水素が、知覚過敏にのような染みる痛みを起こす原因になります。ですから、過酸化水素濃度が薄いものであれば、このような痛みを減らせます。

普通、歯科クリニックで施術をするオフィスホワイトニングでは、高濃度の過酸化水素が入ったホワイトニング薬剤を使いますが、自宅に帰って施術するホームホワイトニング薬剤は、低濃度の過酸化水素薬剤になります。

 

 

1-2.日本人向けに考えられたシステム

欧米などで定評があるホワイトニングシステムを日本人に施術すると、痛みが強烈になるリスクがつきまといます。日本人の歯というものは、元来薄いエナメル質で、刺激が神経に伝達しやすいからなんです。

しかし、ホワイトニング薬剤の過酸化水素が高濃度でも、化学反応を進める光照射をうまくコントロールすることで、痛みを減らすシステムもあります。

 

1-3.過酸化水素不使用のホワイトニング

最も刺激が少ないホワイトニングは、過酸化水素を使用しない方法です。過酸化水素の代用薬剤としては、二酸化チタンや酸化チタン、メタリン酸、ポリリン酸などが挙げられます。

 

 

しかし、ホワイトニングで、一番派の色素を除去するのに優れている成分は、過酸化水素です。やはり過酸化水素と比べると、その他の成分では、大きな効果が見られないという試験結果もあります。

2.痛みを減らしたホワイトニング法

2-1.FAPホワイトニング

薄いエナメル質で、すぐに薬剤が歯に染みて痛みを感じてしまう日本人に合ったホワイトニングシステムというのがFAPホワイトニングなんです。

FAPとはフッ化アパタイトのことで、歯の再石灰化を促進させる働きがあるんです。過酸化水素の成分にFAPを配合すると、歯の色素を白くすると同時にミネラル補給までやってくれます。

フッ化アパタイトにより、カルシウム層が作られ、歯をコーティングし、痛みを軽減してくれます。ホワイトニングしながら歯質を強化してくれるのです。

 

 

2-2.ルマクールホワイトニング

ルマクールホワイトニングで使用される薬剤の過酸化水素の濃度は35%ほど。

この濃度は、歯科クリニックで使用される薬剤濃度とほぼ同じくらいです。しかしそれでも、染みる痛みを減らせる秘密は、反応を進める光にあるんです。

青色LEDを使うルマクールホワイトニングは、その反応をや柔らかくして、ホワイトニング効果を低刺激にしています。

 

2-3.ティオンホワイトニング

23%という低濃度の薬剤を使うティオンホワイトニングは、低刺激なのに、漂白効果が高いです。化学反応を促す物質を使用することで、低濃度の過酸化水素でも効果が高いのです。

 

 

2-4.松風ハイライト

ホワイトニングの始祖は、実は日本でした。松風ハイライトは、どの国よりも早く開発されたホワイトニングシステム。

エナメル質が薄い日本人の歯に合わせて作られ、過酸化水素濃度の反応を柔らかくする成分が配合されていて、刺激が少ないのです。厚生労働省にちゃんと認可されたホワイトニングのひとつです。

 

2-5.ピュールホワイト

過酸化水素不使用で、メインの成分に二酸化チタンを配合しているホワイトニング剤を使うのが、ピュールホワイトです。刺激がなく、施術の後の痛みがないのがメリットです。

効果は、過酸化水素に劣っているのですが、過酸化水素に馴染めない人にとっては最適でしょう。

 

 

3.ホワイトニングの前に歯のコンディションを整える!

ホワイトニングをする前に、歯のコンディションを整えることは、施術後の痛みを抑えるポイントになるんです。ここではその方法について、解説していきましょう。

 

3-1.知覚過敏を改善しておく

冷たいものを口に含んだときや歯みがきなどで刺激があったときに、ズキンと染みる症状のことを知覚過敏と言います。エナメル質が薄くなったり、歯が欠けることで、歯の神経に刺激が伝わりやすくなっている状態です。

 

 

知覚過敏の人は、ホワイトニング刺激をより感じるので、歯質を強めて、施術に臨みましょう。

 

3-2.歯のクリーニング直後は×

歯科クリニックで行われる歯のクリーニングは、歯石を除去したり、エナメル質を少し削ったりするので、ホワイトニングを行う前にやるのは避けましょう。

 

3-3.軽度の虫歯や歯周病は治しておく

重度の虫歯や歯周病がある人は、ホワイトニングを断られます。過酸化水素が染み込んだときに強烈な痛みに襲われるからです。

 

 

さらに、軽度であっても、ホワイトニングの痛みが出ます。治療しておきましょう。

 

3-4.歯の亀裂や擦り減りをレジンでカバー

歯ぎしりクセや噛みグセがある人は、エナメル質がすり減っていたり、亀裂が入っていることがあります。擦り減っている箇所は、レジン(プラスチック素材)や薬剤やでカバーしておきましょう。

あらかじめ歯科医に相談しておいた方がいいでしょう。

 

4.もし痛くなったらときはどうするの?

ここでは、ホワイトニング施術後に、痛みを感じてしまった場合の対処法をご紹介しましょう。

 

4-1.施術直後には冷たいドリンクなどは飲まない

ホワイトニング直後は、非常に刺激に弱い状態です。ペリクル層が剥がれていますし、脱灰もしているので、着色しやすい状態です。

 

 

刺激のある食べ物や冷たいドリンクなどを控えて、数時間は安静にしておきましょう。

 

4-2.知覚過敏用の歯みがき粉を使用する

知覚過敏を抑えることと早く歯の脱灰を修復させることが、施術後の急務です。市販の知覚過敏用の歯みがきには、刺激を鈍くするカリウムイオンが入っています。

さらにフッ素配合ジェルは、歯の再石灰化を促進させる作用があるので、利用しましょう。

 

4-3.市販の痛み止めに頼る

痛みが強いときには、迷わず市販の痛み止めを服用しましょう。

 

 

事前に歯科クリニックに相談しておけば、鎮痛剤を処方してくれることもあります。

 

5.まとめ

このように、過酸化水素を使ったホワイトニングには、リスクもあります。 「術後に痛いのはイヤだ!」 「リスクを負いたくない!」 「今すぐ歯を白くしたい!」 「時間をかけたくない!」 「できるだけお金をかけたくない!」 というあなたには、歯のマニキュアが手軽で経済的でオススメです。

 

数ある歯のマニキュアでも、今話題になっているのが『ププレ 歯のマニキュア』です! 期間限定ですがお試し価格でも販売しているので、ぜひ使って、その効果を実感してください!

 

解説・文/丸野裕行(フリーランスライター)

 

(C)写真AC

歯のマニキュア取扱説明書
歯のマニキュア商品説明
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし
歯とホワイトニングのコラム
おすすめPICKUP
自分で簡単に歯を白く美しくする
ホワイトニングすると、なぜ白くなる?
老けて見える黄ばんだ自分の歯
歯のマニキュア
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし