歯とホワイトニングのコラムロゴ

素朴なギモン! 歯をホワイトニングすると、なぜ白くなるの?

笑顔がこぼれたとき、その人の印象は決まります。やはり一番目につくのは“歯”!

歯が白いと爽やかなイメージを持たれて、好印象になるのは当然のこと!  しかし加齢が進むにつれ、歯には色素が沈着してしまうものです。

それを解決してくれるのが、ホワイトニング。ホワイトニングを施すと、なぜ歯が白くなるのでしょうか?  今回は、なぜホワイトニングではが白くなるのかという秘密に迫ってみたいと思います!

1.ホワイトニングって一体なに?

歯というのは、エナメル層と象牙質のふたつの層から作られています。表面を覆うエナメル質は透明。ですから、歯が黄ばんで見えてしまうのは、主に象牙質の変色によるものなんです。歯の色が黄色にみえる場合は、大きく分けると、ふたつの理由があるんです。 第一に前述したとおり、内側の象牙質の自体の色が濃く変色している場合。

 

 

そして第二に、歯を覆うエナメル層の表面に着色する場合。 歯表面の着色汚れは、簡単なクリーニングだけでキレイになり、白くすることが可能です。しかし、象牙質に変色がある場合は、審美歯科でのホワイトニングで、歯表面から薬剤を染み込ませて、象牙質の変色そのものを白くしなければいけません。

2.歯の変色はなぜ起こるのですか?

歯というのは、組織そのものが老化して黄ばんできます。この他、胎児のときに歯が形成される過程で問題が起こる場合もあります。それは母体であるお母さんが摂取した飲み薬などで変色することもあるわけです。 これとは違い、歯の表面の着色汚れの原因は、喫煙やコーヒー、赤ワイン、お茶、香辛料などで色づいてしまう場合があります。

 

 

さらに、口呼吸による歯の乾燥が原因になることもあります。寝ている間に口呼吸をしてしまうという人は、鼻や舌使い、噛み合わせに問題がある可能性もあるので、歯科医に一度相談してみるとよいと思います。

3.ホワイトニングの方法にはどんなものがあるの?

歯を白くすると謳っている商品は数多くありますが、今回は薬剤を使用して歯本体をホワイトニングする方法をご紹介しましょう。歯表面を研磨剤などでこすって、着色汚れを落とすものはホワイトニングではありません。 歯科でのホワイトニングは、2種類。神経が通っている天然歯を脱色する方法と、神経を除去した歯を脱色する方法です。 虫歯で歯の神経を取ってしまうと、歯自体の色が褐色になります。そこで、歯の内側に薬剤を浸透させ、歯を白くします。

 

 

これを『ウォーキングブリーチ』と呼びます。 しかし、最も身近なホワイトニングは、生きている天然歯を白くするやり方です。歯の表面から薬剤を浸透させ、象牙質の色まで白くする方法になります。実はこの方法、大きく分けると『オフィスホワイトニング』と『ホームホワイトニング』になるんです。 ここで注意点なのですが、天然歯をホワイトニングで白くしても、詰めものやかぶせものなどがあると、その部分の色は変化しないことです。

4.オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いって?

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングというのは、それぞれ違う薬剤を使用して行います。 オフィスホワイトニングは、強い薬剤を使い、1時間程度の光を使って行います。強い薬剤で、スピーディーに象牙質の変色を白く戻していくのです。早く色を変化させるのに比例して、色が元に戻りやすいところがデメリットです。色むらが出やすい難点もあります。

 

 

一方ホームホワイトニングでは、弱い薬剤をマウスピースに塗り、最低5時間咥えたまま、ゆっくりと象牙質の色を白くしていくのです。しっかりと浸透していくので、白くなったままの効果も持続します。 最近、効果的な方法として話題になっているのが、『デュアルホワイトニング』。これは、オフィスホワイトニングを施術してから、さらにホームホワイトニングを行うという方法です。これは確実に白くなると言われている方法になります。さらに、ホワイトニング技術は全世界でニーズがあるため、研究により、日々進歩します。

5.健康保険は適用されますか?

審美歯科で行うホワイトニングは、美容が目的になるので、健康保険は適用されません。ですから自費診療になり、全額自己負担になります。さらに美容目的の診療は、医療費控除の対象にもならないのです。 また、歯科ごとに使用される薬剤はバラバラです。

製造国やメーカーもいろいろとあります。日本での認可が下りていない強い薬剤を使用すると、日本人の歯には刺激が強すぎ、知覚過敏を起こしやすいというリスクもあります。

6.ほかに歯を白くする方法はありますか?

歯の表面を削り、薄くセラミックを張ってしまう方法(ラミネートベニア)や表面にマニキュアのような薬剤を塗る方法もあります。その他、歯の全体をセラミックで覆うオールセラミッククラウンもあります。 セラミックの色は、それぞれの歯に合わせて、ハンドメイドで色調節を施すので、自然な色に合わせることができます。

 

 

さらに、セラミックの厚さ調整をすることもできるので、歯並びを修正することも可能なんです。セラミックというのは、安定物質なので、ホワイトニングとは違い、色が元に戻りません。しかし、歯を削るという難点には注意です。 それとは違い、手軽な歯のマニキュアは、歯の表面に塗布すると、1ヵ月ほど、その色を保つことができます。白い樹脂を塗り固めるだけで、白くなってくるので、手軽にホワイトニングしたい人にはオススメです。

7.ホワイトニングの期間ってどのくらい?

デュアルホワイトニングで言えば、1日1時間半のオフィスホワイトニングと2週間かかるホームホワイトニングを施すので、約2週間ということになります。しかし、個人によっては、色の変化の仕方、薬剤濃度、使用方法などで、その期間は変わります。 ホワイトニングをしていると「もっと白く! もっとキレイに!」とどんどん進めてしまって、不自然な白さになってしまうことがあります。

基準としては、20代の頃の歯に戻すことを意識すると自然な白さになります。さらに、自分の白目の白さを基準にする考え方もいいでしょう。

8.歯が白くなるのはなぜ?

ホワイトニングで使用される高濃度の薬剤が、歯質の色素を化学反応で分解するから白くなります。オフィスホワイトニングでは、光を当てて化学反応を強めます。

 

 

ですから、デコボコの歯の場合は、光が当たらず、色は変わりづらいです。

9.ホワイトニングは高額のイメージ…一体いくらなの?

自費診療のホワイトニングは、歯科医により、価格は異なります。オフィスホワイトニングでいえば、安くて数万円台、10万円近くするクリニックもあります。 経済的に豊かな人しかなかなか通うことができないというデメリットがあります。

さらに、値段ばかりに気を取られていると、技術が未熟なクリニックに当たってしまい、薬剤が染みる知覚過敏が起こったり、アレルギーを起こしたりする場合があるので、注意です。

10.気軽に早く歯を白くできる方法は?

確かに、オフィスホワイトニングに通い、ホームホワイトニングに時間を費やすヒマがないという方も多いかと思います。そんな方にオススメなのが、歯のマニキュアです。

 

 

歯のマニュキュアは、塗って乾かし、仕上げ剤を塗るだけで、真珠のような白さがすぐに手に入ります。 テレビに出たりする仕事や営業先に良いイメージを持ってほしい方などに重宝されている歯のマニュキュアは、即日歯が白くなることと、使用を続けるうちに、自分らしい自然な白さに戻っていくというメリットがあり、時間がないというリピーターが急増中です。

 

解説・文/丸野裕行(フリーランスライター)

 

(C)写真AC

歯のマニキュア取扱説明書
歯のマニキュア商品説明
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし
歯とホワイトニングのコラム
おすすめPICKUP
自分で簡単に歯を白く美しくする
ホワイトニングすると、なぜ白くなる?
老けて見える黄ばんだ自分の歯
歯のマニキュア
歯のマニキュア
歯のマニキュアおとし